06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  コメント: --  /  △top

世界樹の迷宮 

世界樹の迷宮(開発途中版)インプレッション
きましたよっ!

作ったばっかりのキャラクターはスキルをなにも習得していません。
事前にスキルポイントを振って戦闘に挑まないとすぐ死んでしまいます。というか死にました。
序盤中の序盤でこれですので、いかにスキルが重要かということが伺えると思います。


中々にマゾい戦闘難易度の模様。これはいいな。
でも本当にその難易度のまま発売されるんだろうか。
さすがにそれはないと思うんだけども。個人的には万々歳なんだけどね。

戦闘のおもしろさは実際にプレイして、じっくりやってみないと分かりにくいことだと思いますので、ここでは特に言及しませんが、テストロムを触っていた全員が満場一致で発した台詞が「探索がすごくおもしろい」ということでした。
とにかくマップを埋めるのが楽しいのです。

少し進んで曲がり角や分かれ道に来たらマップを書いて、進む道を決めて進んでまた書いて、という実にシンプルな繰り返しなのですが、このマップを書く行為というのが如何に楽しくて気持ちよいかというのは筆舌に尽くしがたいものがあります。
自分の歩いてきた足跡を丁寧に自分で記すのは本当に新しい感覚です。
タッチペンによるマップの描画もすごく描きやすくなっていて一切のストレスを感じさせませんし、上画面も3Dダンジョンならではの奥行きが、探索しているという感覚を自分の中に芽生えさせます。


分かる分かる!分かるぞ~その面白さ!!

マップを埋めるという行為は、他のRPGでいう「アイテムを集める楽しさ」なんかに近いと思うんだがそれ以上に、上でも書かれている「探索しているという感覚」、これが非常によろしい。
回復魔法も残り少ないのに、びくびくしながら一歩一歩前進していってだな、少しずつ少しずつマップを埋めていくわけですよ。
あともうちょっとでこの一角が埋まるからって、無理しつつ「敵出るな…敵出るな…」って念じながらな。
で、チャラララーってエンカウントしかもバックアタックだったりしてギャアアア!!とかな!な!

は、いかんいかん。思わず懐古&妄想ワールドに突入してしまった。

ともかくだ、本来3Dダンジョンゲーはこうであるべきなんだよ。
メジャープラットフォームがPSに移ってからかな。単なる「画面隅に表示されてるミニマップ見つめゲー」になってしまったのは。


いやー楽しみだ。本っ当に楽しみだー。
あまり期待しすぎるのもよくないんだが、それは無理だ。

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2006/10/28 01:20 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://roguelike.blog70.fc2.com/tb.php/81-312708b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。