07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

雑記 

まだ11月頭だし多忙という程ではありませんが、帰宅するともう疲れが酷くてげっそり。
というわけでここ最近の話題から適当にピックアップ。張りたい話題は他にもあるのだけど、コメント付ける気力が出なくて溜まる一方でござる。

更新情報:2010年11月4日(ディレクター醍醐のブログVol.17)
使い勝手や夜モンスターの強さを想像すると、使い道限られそうな技が多そうだが。夜はそれこそやられる前にやれだろうし、カイフク閃光は死に技になりそうな予感。
シレン5は色々システム豊富で面白そうだけど、4以上に煩雑な印象もあるので、そこら辺上手く纏まってると良いな。

ゾンビゲームの新機軸『ぞんびだいすき』の発売日が2011年1月20日に決定
もう結果は見えているが。祈りましょう。

東方の同人ゲーに、超豪華な有名声優が出演…画伯、椎名へきる、新谷良子など
二次創作は、その元ネタ処から黙認される形で活動させてもらってるわけだけども、この紅魔城伝説のようにここまでそのままな見た目とシステムな作品が、一日何十万アクセスのブログで記事にされたとあっては、これはちょっと、どうなるのかね。
何せネタ元メーカーが権利だの訴訟だので有名なコナミ、紅魔城1の時も大丈夫かなと(まあこの時は半分ネタ気味にだけど)思っていた。
このまま何も起きなければ、有名声優起用でかつ宣伝効果で結構な売り上げは期待できる。しかしそれだけに不安も大きい。
過去にも他サークルがやりすぎて差し止め受けたケースはいくつもあるだけに、今回の有名ブログでの公開は、非常に危険な状態なんじゃないかなと。心配しすぎかしら。

これが記事タイトル通り、有名声優を起用しているだけならともかく、画も音楽も商業レベルと言ってもいいクオリティ。もしPSPの画面で動作してるのを何も知らない人が見たらそのままドラキュラ新作と勘違いしてもおかしくない出来なのが余計にね。

ウィザードリィ・外伝 パック戦闘の監獄+五つの試練
アスカ見参!もびっくりだ。確か生産数2000個だったっけか。と思ったが、個人出品(しかも一人)だから相場なんて無いし、今は個別にDL販売されてるから問題ない。

俺屍リメイクに関して
とのこと。
実現してくれー。

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://roguelike.blog70.fc2.com/tb.php/737-1216548b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top