09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  コメント: --  /  △top

雑記 

コミックボンボン休刊のお知らせ
まじかー!!

本当なのな、ちょっと信じられんが。

信じられんというか、そうなってほしくなかったね。
なんていうかさ、昔の任天堂とセガ、エニックスとスクウェアみたいに、コロコロと好敵手な関係であり続けてほしかったのだよ。(好敵手といってもコロコロが圧倒的なんだけどさ)
まあ俺はボンボンは買わずに借り読みで済ます程度で、大して思い入れもないんだが。

ん?じゃあ何を買ってたかって?

わんぱっくコミックに決まってるじゃないか。


orz

ゼルダの冒険とかスーパーマリオとかのゲームコミックがメインでな、ファミコンも満足に遊べんし買えんしな俺にとっては、かなり重要なウェイトを占めててな。
もりけん氏の描くリップルアイランドも良かったな。
惜しくも休刊されてしまって、そこからコロコロ派に転向したのですよ。およよ。

話が逸れた。えーと、ボンボンの連載。
すぐに思い出せるのは、ヴィルガストにプラモ狂四郎、SDガンダムとオーマイコンブぐらいか。
あー、あと温泉エロガッパ(笑)。
うん、あれはエロかったな。あれを読むためだけに毎月友人宅hゲフンゲフン

   コロコロ ボンボン
1994年 45万部 47万部
1995年 63万部 48万部
1996年 135万部 45万部
1997年 180万部 33万部
2006年 96万部 9万部

一時期ボンボンが勝ってた時もあったのか、意外だわ。
しかし96年からの爆発的な差はやはりポケモン効果だろうな。
コロコロが伸びるのは当然としても、何故ボンボンが10万切る程にまで衰退してしまったのか。
全然知らんのだけどスレッド見た限りじゃ、末期の雑誌の例に漏れず、色々迷走してたみたいで。

これも一つの歴史の終焉か。
寂しいもんだね。

あー。
これじゃ終わるのも仕方ないわ。

アイドルマスター/スク水 Here we go!! (亜美・伊織・やよい)
早速きたー!!

THE IDOLM@STER 太陽のジェラシー あずさ・律子・美希
ど、どうせなら大きい方が。
大は小を兼ねると言うしな。

アイドルマスター 巨乳三姉妹 正統派グラビアミズギ
まあ冷静に見るとスク水で歌ってるのはシュール以外の何物でもない。
オイラはスク水属性は無いので、やはりこっちの方が。

この夏は全裸で楽しく!?――「ケンコー全裸系水泳部 ウミショー」 (1/2)
主人公の女の子、ちょっとおつむが弱そうな元気いっぱい系で可愛いな!
連載はマガジンか。
うーん、マガジンていやあ、ジャンプやサンデーとは異なる軟派な路線(コナンに対する金田一みたいな)の雑誌かと昔は思ってたんだが、赤松健やら真島ヒロやら、今はそこら辺の漫画誌と何ら変わらんのだな。
これも結局はよくあるハーレム物っぽいけど。

C72新刊「異聞紅魔郷 前編」表紙
正統派バトル物みたいなので期待大。

安価でロックマンのボスを作る
うわー、すっげー気に入った(笑)。
こういうの大好きだわ。

くまうたに「ゆかりんファンタジア」を歌わせてみた
原曲残ってないし(笑)。

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://roguelike.blog70.fc2.com/tb.php/273-64fcfa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。