02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

雑記 

漸く3月が終わってくれた。


某海腹川背のそっくりさんが登場するACT。
案の定、発売日前日からモリモリとバグ報告。ことあるごとに信者達の怨嵯に満ちた嘆き悲しみ怒りの咆哮が。ちょっと異様だった。

海腹川背 Portable
このレビュー群は流石に引いた(笑)。
で、明らかに発売してるのに未だ3月発売予定ってアマゾンもユーザーの味方なのだろうか。(と思ったらようやく訂正されてた

ルアーの壁貫通なんてありえないバグがあるから、海腹川背ではないがACTとしてはそれなりに楽しめr…とすらも言えないんだよな(笑)。※1
別に擁護するつもりなんてさらさら無いし、署名運動はさすがにそこまでやるのかとは思ったけど、うんまあ、信者の方達には頑張ってほしいわ。
いい物作ろうとして力及ばず…ならまだしも、明らかに小銭稼ぎ目的の、ファン心情なんてはなっから無視してるメーカーの態度、あれはちょっとな…。

※1
バグなのか何なのか、ファミ通レビューですら4人中3人が「挙動がおかしい」って、おそらく30分かそこらだろう触り程度でも気付くくらいやばい。

海腹川背Portableエンディング
L「何がなんだかわからない」

(トレイラー) Bionic Commando リメイク バイオニックコマンドー
リメイクのあるべき姿。

12年目の「サクラ大戦」ファンに贈る、歴代ヒロイン総出演の超豪華ドラマを満喫せよ! (1/3)
サクラ大戦であることを踏まえて、ローグライク的な面白さよりも、アイテム収集やキャラ育成といったRPG的な面白さを重視させているのは正解。
こういうローグライク入門的なゲームで、シレンに興味を持ってくれるユーザーが増えてくれれば嬉しいんだが。

文中、
>どうやらこの“力”とダンジョンRPGとの相性はすこぶるいいらしい。
と、サクラとローグライクの相性が良いと書かれていたが、それはちょっと違うな。
ネバカンだからこそ、ここまで上手く作品を融合させることができたんだよ。

【スマブラX】スナップ写真集+α【こっちみんな】
7:30からのおまけが。
やはりリフレクターはネタになる。

スネーク写真集
ワロタ

雑記 

コナミ「ソウルキャリバー4」
・有名クリエーターとのコラボで誕生したボーナスキャラクター第2弾は
褐色肌で三つ目の女性で”終末の先駆け”アンゴル・フィア(吉崎観音氏デザイン)

アンゴルかよw
出渕の謎エルフといい、つまりこういう似たようなキャラ出して~って寸法なんかね、これは。
キャリバーというよりスタグラに居そうなキャラだな。ていうか2に似たようなのが居たね。メインキャラでした。

そもそも吉崎観音の絵じゃ頭身が合わんだろ。浮きまくりだと思うんだが。
しかもまたパンツですら無い(仮に2Pカラーでそうだったとしても、雑誌じゃ殆ど目に付かない以上意味がない)
そいや前のキャリバーのレジェンズにはテイルズキャラ出てたな。

キャリバーの世界観ぶち壊しすぎだし、この戦略は完全に的を外してると思うんだがどうか。

グラディウス懐かしのボスが多数登場、「オトメディウス」バーサスモード解禁
MSXグラディウス2なんてネタを出す辺り、開発スタッフには大分グラディウス好きが居ると見える。
こういう新作の作り方はファンとしては嬉しいもんだ。
媚びデザインでさえなければ完璧なのにな(笑)。(もちろん萌え化を否定はせんが)

チュンソフトの完全新作『探偵パンチ!!』配信スタート
なんかこのまま個性のない平凡な携帯アプリを細々と作り続けるのでは?みたいな不安が。
まあ、スタッフが変われば作るゲームも変わるのが当たり前なのだけど。
過去の栄光はあくまで過去のものなんだなぁ…。

PS3を購入する、これだけの理由
今の40Gモデルの性能で、かつPS2互換が付いた辺りが購入時じゃないかと。
それにしても、ミリオン行くような作品じゃないMGSをキラータイトルに据えなければいけない状況自体がPS3の苦しさを如実に表してるよな。
DQやFFみたいな万人受けする作品があってこそ、MGSみたいなヘビーユーザー向けの、メインの脇を固めるソフトが活きて来るはずなんだが。

ネット騒然!Xbox Live Arcadeにインディ系開発会社が不満の声
そりゃリメイク物が売れるのは当然だろう。
良い物は売れるとか幻想もいいとこ。

「リメイクものは作るの楽で美味しい」とかいう誤解が未だにどっかに残留してるんじゃないか?
結局、鶴の一声出せる立場の人が、どれだけ現場を理解してるかどうかで作品のクオリティなんて天地の差が出る。
もちろんその鶴の一声をどこまで説得できるかってのも、ディレクターの能力次第なのだけど。

雑記 

ロベリア、アイテムを盗むな!――「サクラ大戦 ~君あるがため~」
「サクラ大戦」シリーズすべてのヒロインを全員登場させた密度の濃い作品
ロベリアいいな(笑)。エリカやグリシーヌも悪くないんだが、やっぱ3はロベリアですよ、ええ(個人的に
キャラの個性は上手く出せてるし、難易度は緩いとは思うが、まあ良く出来たダンジョンゲーじゃないかと。

サクラ大戦ケイタイクラブでDS用ソフト『サクラ大戦 ~君あるがため~』のクエストパスワードが配信
と、好感な矢先これか。
これだからもう、ギャルゲーの拝金主義は萎える。

「いい作品だけど売れなかったものは必要ないもの」セガ名越稔洋氏
個人的には全面同意。
ただ、そういう波風立ちそうなこと言うと、「ちょっとヤクザゲーが売れたからって調子乗ってんなバカ」とか突っ込まれるだけなんだよな(笑)。

「バグはPSP本体の仕様です」 PSP版「海腹川背」、バグだらけのまま強行販売か…ネットで騒動に。一部で不買運動も
海腹川背Portable要望まとめwiki
これなぁ。
海腹川背をタイトルぐらいでしか知らない人からすれば、ちょっと大げさに騒ぎすぎにも見えるかもしれんが、まあ確かに騒いでるのは濃い信者な人達ばかりなのだけど、この手のマイナーリメイク作品は信者しか買わないんでメイン購買層達の意見てのは直接売り上げに響く重要な物なのですよ。
でも俺も海腹川背は過去に軽くプレイした程度でしかないんだが、確かにこのバグは酷いわ。
海腹川背においてルアーの挙動ってのはゲーム性の根本部分だから。

しかもよりにもよって開発が、泣く子も黙るロケットスタジオ(糞ゲー的な意味で)だものなぁ。
もうIFとロケットは潰れていいと思うよ。平野克幸はナムコでテイルズのキャラデザやればいいと思うよ。

11年ぶりのTVアニメ版スレイヤーズ新作、タイトルは「スレイヤーズREVOLUTION」に決定
復活はいいんだが、服装ぐらい一新すればいいのに。
未だにリナの胸と股部分の布の意味が分からん。

ZUN素の2 「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」
速攻でブックマークさせてもらった(笑)。

絶対可憐チルドレン みんなデスノート大好きですねッ!
絶対可憐チルドレン 思い通りにやりすぎ
悪ふざけすぎ。最高だ。
しかしこの記事で先に知ってしまったのはちと残念。
何も知らずにコミックでバカ笑いしたかった。

翠星石のCLANNAD風味
連載も再開されるようだし、そろそろ原作読んでおいた方がいいかしら。

【釘宮ロイド爆誕】オリジナルのVOCALOIDを作れるフリーソフト
こ、これは…

椛と不思議の洞窟(仮)
椛と不思議の洞窟(仮) @ ウィキ
東方知らん人には何だこれ状態だろうけど、要するにゲームのキャラクター使った自作ローグライク。
基本的な部分はシレンそのまま。
あれから開発も大分進んでいるようで。Wikiまで作られてる。
ちらっとwiki見てみたが、キャラの個性が上手く活かされてていい感じ。

こういうレトロな感じのローグライク作りたかったんだよなぁ。
HSPで組んでたんだが、結局放置したまま。
久しぶりにソース開いてみたんだが、自分で組んだのにさっぱり解らんとかもう笑える。

雑記 

ちょっと調べてみたら、3DRPGが結構予定されてるようで。

Elminage ~闇の巫女と神々の指輪~
3月27日発売予定。
まあいつものアレだ。ユーザーにデバックさせるので有名な。
音楽がベイシスケイプなので、初回特典のサントラだけ欲しい。

Generation Xth official web site
Team Muramasa - Community Site
今春発売予定。
舞台が現代なのであまり興味は無いのだけど、ゲーム性は一番期待できそう。
PC用ってのが良いな。
起動チェック版がダウンロードできるので、興味ある人はやってみるといい。

シンプルだが奥の深い3DダンジョンRPGがニンテンドーDSに登場 『幻霧ノ塔ト剣ノ掟』
5月22日発売予定。
どんなRPGかと思ったらまんまWizなのな(笑)。
とにかくこの読み辛いタイトルはどうにかするべきだと思った。

というかどこの社も中身はWizなんだから、もっと分かりやすいタイトルで統一したらいいんだよ。
Wizardry星魚とかWizardryチームラとかWizardryサクセスとか。

◆剣と魔法と学園モノ。

※画像はアップローダの物を拝借

こ、これはどう見ても…
分かりやすすぎて吹いた。

10種族15職業で6人PT。
世界樹の2番煎じというよりは、XTHを世界樹寄りにしたって感じ。
しかし性格、そのまんま善・中立・悪はやりすぎな感もするが(笑)。
100人まで作成可能というのは無駄に凄いな。同じ顔グラが並びまくるぐらいなら、いっそオプションでON/OFF設定できればいいんだが…。あるわけないか。

絵柄自体はこれで良い(3DダンジョンRPGすらも萌え絵が主流という現実はちと悲しいが)のだけど、ドワーフが名前だけの見た目別種族ってのが個人的に納得いかんなぁ。
XTHもそうなのだけど、見た目まで全くの別物なのに、「ドワーフ」である必要があるのか。それで売り上げが伸びるわけでもなし。

で、発売はアクワイアなのだけど、開発はどこなのか。
ページ左下を見る限りでは、プロデューサーがゼロディブ?

株式会社ゼロディブ
携帯アプリばかり作ってるとこらしい。
大丈夫かな、これ。

wizardry寄りということもあって、それなりに気にはなるタイトルではあるんだが、PSPなんだよな。。
いや、これはいい加減買ってしまえということか。
星魚とチームラは予定されてたものだろうけど、幻霧と学園モノなんかは、露骨に世界樹人気に肖ろうという姿勢が見え見えで笑える。

何はともあれ、こういう「数値をやりくりする古典的な面白さが詰まったタイプのゲーム」が増えてくれるのはいいことだ。
電撃オンライン:インタビュー『世界樹の迷宮』
3DダンジョンRPG再生計画、成功したと言えるんじゃなかろうか。
新納氏は偉大な功績を残してくれたよ。

で、ファミ通フラゲ記事見直してて、左下のプロデューサー、ゼロディブの原神敬幸って人なんだが、何気に検索してみたらとんでもないページが出てきた。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mx-5/valkeninterview.htm
http://mktroom.hp.infoseek.co.jp/kusonauts/

ちょ まてまてまてまて

コンシューマゲーム移植史上、Sランクに名を残す危険人物じゃねーか。
思わずドドドドドって効果音と汗が。
さてさて、どうなることやら…。


アージュ 新ブランド『ファイアージュ』公式サイトオープン
ぴこぴこ
これなぁ。
どうせ中身はよくあるパターンエロゲーなのだろうけど。
キャラが擬人化ゲーム機ってだけの話なのだろうけど。

でもニヤリと出来るレトロゲーネタには期待できそうなので、気にはなる。というかかなりなってる。
どうしてもこの小豆色と金色の組み合わせに反応してしまう三十路前。

んで、この手の擬人化を見る度に吉崎観音のBIT FIGHTERを思い出してしまうんだが、やはり続編は出ませんかそうですか。

風来のシレンDS 北米版 

以前に予約していて、そろそろかと思っていたら無事到着。


パッケージと中身。


当然だが全て英語。
ゲーム画面と既存絵ばかりで、パッケージのような北米絵は無くちょっと残念。



画像フォントもしっかり英語に。
何故か背景が夕焼けになってて綺麗。

最初のダンジョンに潜ってみた。
中身はシレンDSそのままなので特に言うこと無し。
気になる英訳なのだけど、例えば豆山賊はMini Robberという風に名前のまま近い訳になってたが、マムルみたいな固有名詞はそのままMamel。あなぐらマムルはPit Mamelだったけど、それじゃあ意味通じるのかいな(笑)。まあそもそも穴倉のマムルって意味自体知らんけども。

その他アイテムの方は、Wood ShieldやDragon herbと直訳。
しかしあれだな、こう英語のアイテム名がずらっと並んでると、なんかローグライクやってるって感じがして燃えるものがある。

さて、余裕ある時にでもWiki更新したいところだが。

雑記 

【ドラマチックダンジョン サクラ大戦 ~君あるがため~】発売目前にシステム情報大公開
ドラマチックダンジョン サクラ大戦 ~君あるがため~
公式サイトは以前から度々チェックしててな。
ネットワークの項目があったから、もしや…とは思っていたんだが。やはりネット対戦が実装されてるようで。
しかも最大4人で対戦可能。対戦ルール選択やアイテムでの妨害が可能な点もしっかりと。
仲間無しアイテム無しLv1ルールがある辺り、これは期待していいんだろうか。

それ以外にも、キャラクターごとの特殊技だけじゃなく弱点(原作で蜘蛛が嫌いなキャラは、蜘蛛型の敵がいると逃げ出す等)もしっかり設定されてる辺り、さすがネバカン。
武具合成や印に該当するシステムもあるようだし、ポケダンのように単にシンプルにしただけでは無さそう。

サクラ大戦をダンジョンゲーにはめ込んでる設定の強引さは確かにあるが、同時に、サクラ大戦の世界観も上手く活かしてる感じ。
ファミ通のレビューでは8/7/8/7、レビュー内容もごく普通。
難易度は緩めと書かれていたが、ファミ通だからどうせ序盤しかやってないのだろうし、クリア後ダンジョン(もちろんあるよな?)がどうなのかはまだ分からない。

ドット絵は微妙だし、立ち絵からイベント絵まで過去作の使いまわしばかり、DSだからアニメーションも声も、キャラゲーとしてはもちろん期待できない。
そもそもサクラ大戦、元がギャルゲーなのにダンジョンに潜るなんて、普通ならどう考えても地雷確定なんだが。

でも開発がネバカンだからな。
最初は全く期待してなかったんだがなぁ。
これはどうしたもんだか。

『ダンジョン オブ ウインダリア』人気アニメがダンジョンRPGに
なんていうかもう、平野克幸の絵を見ただけで糞ゲーだと感じるようになってしまった。
まあ実際糞ゲーしか(略

これはおそらくローグハーツダンジョンの企画使い回しな内容なのだろうな。
糞ゲーなのはいつものことだからどうでもいいんだが、素材使いまわしのコピー乱発で絵は平野ってそれわざわざ子会社のコンパイルハートでやる意味ないじゃん。

ああ、今度は薄っぺらいローグライクが量産されていくんだろうか。
平野絵ってだけで買ってるようなユーザーの認識が
「ローグライクってこの程度か→シレン?ああ、なんかつまらなそう」
になってしまうのも時間の問題とか?やだねぇ。

萌え尽きるほどヒート!? 荒木飛呂彦が『ウルトラジャンプエッグ』の“萌えキャラ”を描く!
ワロタ

ついにメイド喫茶を超えた「お母さん喫茶」が登場
よし、行くか。

独り言 

一度放置癖が付くと中々戻らない。
ぼちぼちこっちも再開したいところ。

◆世界樹の迷宮2
やっと半分くらい?
スローペースでのんびり進行中。

1の時同様、今回もWikiや攻略サイトの類は一切見ずにプレイ中。
クエストの攻略法や特殊素材の取り方とか、つい見たくはなるものの。
簡単に頼ってしまっては、発見の楽しさを自ら捨ててしまうことになる。それではつまらない。

分からないから攻略情報を見る じゃなくて、悩むのを楽しんでみようじゃないか と。
常に100点満点ばかりな行動取らなくたって、それがキャラクター達のドラマになってるんじゃないかと。
結果だけじゃなくその過程を楽しむのもいいもんだ。

すぐ何かに頼るんじゃなくて、少しでも「苦労してみる」ことが重要だと思うんだよ。
それぐらいは、苦労するだけの価値は、この世界樹の迷宮にはあると思うんだよ。
苦労した分だけ、それを乗り越えた時の達成感は倍になって還ってくる。
どうしても、考えても悩んでも分からないことがあったら、Wiki見るも良し、日記で聞いてみるも良しで。

もちろん、攻略本やサイトを随時見ながらプレイするスタイルを否定はせんけどね。
でもそんなので、ボス弱かったとかいまいち記憶に残るイベントが無かったとか言うのは無しな。先にネタバレ見といてお前は何を言ってるんだと。


そんなわけで、あまり効率の良いプレイはできてないだろうけども。
着実にレベルアップをちまちまと。